駒ゼミのモットー 「Enjoy your research!」

2年間のゼミ活動を通して、ゼミ生の大好きなコトを卒論研究として
形にしていきます。

駒ゼミのゴール

卒論活動を通して、メディア情報リテラシー(Media and Information Literacy: MIL,
メディアを主体的に読み解き高度情報社会を生き抜くチカラ)を
身につけていきます。

駒ゼミの流れ

3年次:巨視的かつ微視的視点から個々の研究を捉えるトレーニング
[3年前期]
• ゼミ生が「今大好き!気になってる!コト」について「メディアの研究になるか」を、自由にトコトン考え、
ブレインストーミングします。
• 「これはメディアとどう結びつく?」「このブームにメディアの影響がある?」など、自分たちの考えを
 マインドマップやKJ法で整理します。
• 図書館やデータベースで関係がありそうな文献を検索し、関連文献を輪読し、グループディスカッションで吟味し
    テキストクリティークに書き貯めます。
• 前期の終わりには、卒論テーマ検討会でプレゼンをして、卒論テーマを絞り込みます。
[3年後期]
• 文献・インタビュー・アンケート・プロジェクトやワークショップなど多岐に渡る研究方法を学びながら、
    自分の卒論テーマに合った方法を選択し、研究計画書を作成します。
• 文献を読み解いて持論にまとめたり、量的/質的調査でデータを取り、統計ソフトを用いて結果を分析したりします。
• 後期の終わりには、卒論中間発表会で進捗状況を報告します。

4年次:各自の研究について論文化するプロセスを体験+系統的かつ批判的思考を養成
[4年前期]
• 就職活動をしつつ、蓄積したポートフォリオ(リフレクションシート・テキストクリティーク・研究計画書・調査企画書・
   分析データ等を大学ポータルやクラウドで管理)を推敲し、卒論の土台を構築します。
• 章ごとに執筆を開始します。
[4年後期]
• 卒論のドラフトの個別添削指導を重ねて受けて、卒論と概要を完成します。
• 卒論提出後は、パワポ資料を作成し、リハーサルを重ねて、
    卒論発表会で成果を発表します。











実践女子大学 駒ゼミ1期生 (2017年度/退官された前任の先生から引き継ぎ)
• 保育士の視点から考える待機児童問題
• “民主主義国家”アメリカの古今東西
• ディズニーランドのホスピタリティにおける一考察
• 青年期の喫煙における一考察~マイノリティーでも吸う理由~
• 農業の衰退は止められるか~千葉県「柏市都市活性化農業計画」の試み~
• Jリーグと地方創生における一考察~清水エスパルスと清水市の関係性から~
• 現代女性の労働環境について~職種選択にみる女性の働き方~

昭和女子大学 駒ゼミ8期生 (2016年度)
• 子どもとおもちゃの関係性~抱き人形『ぽぽちゃん』を中心に~
• 『はらぺこあおむし』のミライ〜紙の絵本とデジタルアプリの比較を通して〜

昭和女子大学 駒ゼミ7期生(2014年度)
• 子どもに人気なサンリオキャラクターに関する一考察~商品から見るハローキティ・マイメロディから
 ジュエルペット・ぼんぼんりぼんまでのキャラクター比較~
• 『アンパンマン』におけるキャラクター「ばいきんまん」の一考察
• “イケメン”にみる女子大生の嗜好観
• ディズニー映画『ピノキオ』におけるキャラクター研究~ランプウィックの存在意義~
• 幼児期女児の想像性における一考察~『ディズニープリンセス』が拓くファンタジーの世界~
• 幼児と特撮ヒーローに関する一考察~幼児期男児のヒーローごっこ遊びを通して~

昭和女子大学 駒ゼミ6期生(2013年度)
• 外国語活動における授業研究~教科を活用した小学校英語教育の可能性~
• 幼児の‘想像性’と‘創造性’に関する一考察― 絵本の続きを考える ―

昭和女子大学 駒ゼミ5期生(2012年度)
• 映画『クレヨンしんちゃん』におけるジェンダー研究―映画に登場した社会的性表現に関わる描写から―
• ドラえもんとのび太の関係性 ― 映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』を通して ―
• 幼児を対象とした子ども雑誌の有効性―子ども雑誌『幼稚園』を中心に―
• 殺人事件が登場しない『名探偵コナン』の教育的魅力について

昭和女子大学 駒ゼミ4期生(2011年度)
• 幼児期の夢の実現性における一考察―大学生の進路選択は、子どもの頃の夢と関連はあるか―
• 子どもにとっての“良い”絵本とは?― Bookstart 選定絵本の読み聞かせ場面における日英比較 ―
• 児童とマンガの関わりについての一考察~『ONE PIECE』を中心に小学生・保護者・大学生の比較~

昭和女子大学 駒ゼミ3期生(2010年度)
• 幼児向けテレビアニメとごっこ遊びとの関係性―女児のプリキュアごっこを通して―

昭和女子大学 駒ゼミ2期生(2009年度)
• 情報モラル教育における授業研究~ケータイ教材を活用した授業~
• 新聞教育がもたらす教育的効果に関する研究~学級新聞の制作過程における児童の言語活動に着目して~
• 幼小連携における幼児と児童の交流活動 ―「なめらかな接続」への一考察―

昭和女子大学 駒ゼミ1期生(2007年度)
• 国語科におけるメディア単元の実践研究
• キャッチボール型言語コミュニケーション能力の形成―小学校低学年における「話すこと・聴くこと」の関係性に着目して―


copyright(c) 2018,KOMAYA Media Lab. All rights reserved.